MENU

子供の背を伸ばす方法

子供 身長 伸ばす

 

当サイトへ訪問していただきましてありがとうございます!当サイトでは、子供の低身長で悩む親御さんや、子供の背を伸ばしてあげたいと思っている親御さんへ向けて、ワタシが実践した子供の身長を伸ばす方法について書いています。

 

以下のメニューで書いておりますので、お子さんの身長が低いと気になっている親御さんは参考にして頂ければと思います。

 

 

 

 

☆このページの目次^^☆

  • 子供の身長が伸びずに悩んでいる親御さん
  • 子供が低身長で考えられる『今』と『未来』のデメリット
  • 子供の身長が伸びるための知識と『低身長の原因』
  • 『背を伸ばすために重要な栄養素』カルシウムよりも重要な栄養素とは?
  • サプリメントを選ぶ際に最も重要な要素と基準
  • 自分の子供に飲ませたい身長を伸ばすためのサプリメント
  • サプリメントについての考え方、摂取方法など
  • まとめなど

 

 

子供の身長が伸びずに悩んでいる親御さん

 

子供の身長が低い気にしている親御さんは多いのではないのでしょうか?私自身、成人してから175センチですが、中学生の時、高校生の時までは背が低く、非常にコンプレックスでした^^;

 

 

結果論で言えば『遅太り』で解決されるのですが、当時身長が低いのはスゴく悩みでした。

 

 

  • 同級生の女の子よりも背が低い
  • 背が低い為にレギュラーになれなかった
  • 全ての運動で不利(だと当時思っていた)

 

子供 身長 伸ばす

 

こういった感じで、背が低いコンプレックスを持っていました。また、コンプレックスゆえ『身長が低い事で悩んでいること自体を人に知られたくない』と思い、人にさえ相談出来ませんでした。親はもちろん、友達にもです。

 

 

例えば、今、『うちの子供の身長、他の友達よりも明らかに低い』と感じているのであれば、当の本人もその事で悩んでいる可能性があると思っていいかと思います。

 

 

うちには3人の子供がいるのですが、一人はだれに似たのか(顔は一番ワタシに似ています^^;)早太りで、小学生の中学年位から背は平均以上でした。

 

 

しかし、次男は幼稚園から背が低い感じで、かなり焦りました^^;妻は背が低く、また、ワタシの様に遅太りで背が高くなる可能性もありません。なんせ次男は長男に比べ妻に顔がそっくりだからです(笑)

 

 

サッカーをしているので、背が低く走り回るのは結構ツラいだろうと思いましたし、親が出来ることは出来る限りしてあげたいと思いまして、背を伸ばす方法や背を伸ばす栄養などについて調べていました

 

 

昔と違い、今はかなりの情報がネットであるので便利です^^。結果的には子供の身長は小学5年でぐんと伸びました。

 

 

ワタシたちの努力なのか、本人のポテンシャルなのかは分かりませんが、平均身長よりも遥かに高くなり、今ではもう成人のカラダ付きになっているのがウレシイです^^。

 

 

私のように背が低いことで色々な制限をしたり、精神的に凹むことが少なくなるというだけでも、頑張って良かったと思います^^。

 

 

今、子供の身長の為に何かをすることで結果が変わるかどうかは分かりませんが、何もせずに子供の身長が変わらなかった時後悔をしたくないとおもいませんか(笑)?

 

 

ワタシも、自分の子供の時、背を伸ばす方法と言ったら『牛乳を飲む』『筋トレをしない』とかの非合理的な事しか知らないし、親もそういった知識がない時代でした。

 

 

でも、今は子供の身長に影響を与えることが出来る方法はあります。親として、そういった所をしてあげたいという気持ちが強かったです^^。結果としては良かったかどうか分かりませんが、子供は身長に関してはクリア出来ましたので、気持ち的には『やってよかった^^』という感じです。

 

子供が低身長で考えられる『今』と『未来』のデメリット

 

ワタシ自身、背が低いことで悩んでいたため気持ちが分るのですが、背が低くて悩んでいること自体、親などに知られたくないんです。

 

 

つまり、自分の身長が低い事を悩んでいても、それを平気なフリをしているわけです。だから、ワタシの両親自体も全く気づかなかったはずですし、友達も知らなかったと思います。

 

 

だから、ワタシの場合、次男の時は率先して背を伸ばす方法を調べて取り入れてきました。

 

 

子供が背が低い事で悩んでいる、または、低学年の時は悩んでいないにしても

 

  • 低学年の時は傷つける気もなく『チビ』などの暴言を吐かれる。
  • 物心付いてきた時、背が低い事を知り悩む
  • 運動などにおいて、背が低いデメリットを感じだす
  • 身長が関係するsportsであれば尚更に感じる
  • レギュラーなどに『背』が関係する事でなれない
  • 生活や学校での遊びにおいて背が低いことでコンプレックスを感じだす
  • コンプレックスなので誰にも相談できないので、消極的になる

 

 

こういった感じで、身長が低いことで色々な部分を負担にする可能性があります。ワタシ自身、小学生の高学年から中学生において、背が周りより低い事を痛感していました。

 

 

だから、背が高かったら、、、という部分で、色々な意味での制約や精神的な悩みが多かったんです^^;

 

 

子供から背の相談、身長の悩みを親に言う事はないと思います。

 

 

だからこそ、両親がそこを感じ取ってあげるべきではないかと思います^^。今現在の自分の子供が何歳かによって、自覚症状があるないという部分は変わってくると思いますが、物心付いてきた時期では、ワタシの経験から言えば必ずこういった気持ちが出てくると思っています。

 

 

ですので、ワタシたち親が出来ることを後悔すること無くしてあげて、ベストの状態を作ってあげるのもいいかなと思います。

 

子供の身長が伸びるための知識と『低身長の原因』

 

では、具体的にどういった事を注意してあげれば、自分の子供の身長が伸びるのでしょうか

 

 

これには、まず身長が伸びる要因について考える必要があると思います。ワタシもここからスタートしました。

 

 

この『身長が伸びる要因』こそが『今の身長が低い原因』の裏返しなのは間違いないからです。

 

 

この身長が伸びる要因、身長が伸びる原因を知り、ここで足りない部分があるから身長が伸びないという事を理解して対策をしていけばいいのではないかと考えました。

 

遺伝について

 

 

まず、ワタシの両親ですが、父182センチ、母154センチ。男性にしろ女性にしろ、身長が低い家系ではないというのが分かります。

 

 

この遺伝の部分ですが、やはり身長に関して言えば要因的には一番関係あると思います。しかし、この遺伝の部分というのは後天的な部分で変える事も可能という事も分かります。

 

 

単純に遺伝という部分で言えば、『身長がデカい両親の子供は相対的にデカい』というだけであり、身長が低い家系でも普通に身長が高い子供もいます。

 

 

今、色々な部分で身長を左右するための栄養補給などがありますので、一概に遺伝が全てという事ではありませんので安心して欲しいと思います。

 

 

この理論で言えば、私は身長があと少しだけ身長が高くなっているということになります。ですので、この理論が正しいという事ではないとわかると思います。

 

 

今回、『子供が背が低いのは遺伝のせいなので仕方がない』といってしまっては全くもって意味がないし、正直一概にそうでもないのか分かっていますので、遺伝的要因はある程度一般的に認知されているという認識の元、『身長が低い子供が更に身長を高くする方法』について考えてみたいと思います。

 

 

この遺伝という所で諦める必要は全くありませんし、逆に遺伝で小さい家系でも充分に身長を高くすることが出来るという方法だったり、その解決方法を考えるという事です。

 

遺伝よりも重要な要素は『栄養』です

 

 

遺伝は生れつきのハンデとして、逆にいえば遺伝の次に大事な栄養を与えられない場合、遺伝で決まる身長のハンデが更に大きくなると言うこと。

 

 

さらに言えば、しっかりと身長が伸びるための栄養を子供の時から与えてあげることで遺伝である程度決まっている身長の高さを変えることが出来るという事です。

 

 

私の場合、親が180センチを超えているにも関わらず一般的な174センチという事は、『栄養を意識していない』ことからくる後天的な要因なのかもしれません。

 

 

子供の頃から『身長が大きくなるための栄養を意図的に与えてもらう』という様な事をしていた場合、遺伝的要因と加え栄養が重なり、180センチ以上の身長になっていた可能性があると言うことです。

 

 

栄養という要素が遺伝を外して一番重要であり、後天的に身長を伸ばす為には栄養をしっかりと摂るという概念が必要と言うことです。

 

 

ここでいう『栄養』というのは、子供の身長を伸ばす為の栄養という意味であり、何でも手に入る今、普通の食事プラスアルファの『身長を伸ばすための栄養』を子供の時に摂取するという意味になります。

 

『遺伝』と『栄養』以外の背を伸ばす要因

 

 

遺伝というのは、生まれてきた以上、あれこれ考えたり言っても仕方がありません。

 

 

また、遺伝のデメリットを栄養という後天的な要因でカバーすることは十分に可能ですので悲観することはありません。逆に言えば、私のように『栄養』について考えて居なかったため(これは親が悪いという意味ではなく、1970年代、1980年代には情報が無かった為)遺伝のメリットを活かせず、ポテンシャルを活かせないという事も普通に考えられるのです。

 

 

そして、遺伝や栄養以外にも、身長に関連する大事な部分として『睡眠』があります。これは成長ホルモンが睡眠時に分泌される為、十分な睡眠が成長には必要不可欠という事です。

 

 

この睡眠ですが、昔に比べると明らかに減っていることが分かります。理由は明確で、コンビニ、やること、パソコン、ゲームなどがあるため、基本的に子供でも忙しい現状。

 

 

更に言えば、子供は睡眠時間が減っているという自覚がない(笑)昔は9時に寝かせられた記憶がありますが、宿題や部活、そして小学生でもクラブなどがあるのが普通ですので、9時に寝るという事は全くありません。

 

 

あと、睡眠とセットで運動も重要ですが、上記の様な今の現状を考えた場合、運動ももちろん減っていることが分かります。

 

 

子供の成長には『環境』『睡眠』『運動』『栄養』『遺伝』が大事ですが、戦後モノが豊かになり、また、ワタシたちが子供の頃から物質が豊かになり『栄養』的要素(戦争中は食糧難など)は増えているけれど、豊かになりすぎたゆえ、運動や睡眠時間が減っているということがいえるのではないでしょうか?

 

 

つまり、子供の身長を伸ばす方法としては、身長に効果がある栄養を与える事です。

 

 

戦後の栄養というキーワードと、身長を伸ばす栄養という意味合いは違っていて、ここでいう栄養というのは身長を高くする為の栄養という事です。

 

 

ワタシたちの子供の時のように『背が高くなる為にはどんどん牛乳を飲め!』という感じではなく、ちゃんと背を伸ばすための栄養を子供に与えるということです。

 

 

『背を伸ばすために重要な栄養素』カルシウムよりも重要な栄養素とは?

 

戦後、日本人が圧倒的に身長が伸びた原因として考えられるのは、やはり栄養だと思います。

 

 

睡眠時間も昔より減ってきていますし、運動も昔の様に遊び道具が無かったりしますので、やっぱり栄養によって日本人は成長しているということが分かります。

 

 

つまり、今子供の身長が低いと悩んでいる親御さんは、身長が伸びる事に特化した栄養を子供に与えることで更に身長を伸ばすことが出来る可能性があるということです。

 

 

私も、この部分に注目してしっかりと取り組んでいった訳ですが、結果的には良い方向に行けたと思っています。

 

サプリメントを選ぶ際に最も重要な要素と基準

 

子供の特化した栄養を与える際、牛乳や動物性蛋白質などは普段の食事でまかなえますが、基本的に今の子供は偏食ですし、背を伸ばす為に必要な栄養素を食べるのはかなりの量が必要になります。

 

 

コスパや、余計な脂肪を付けさせない様にするためにも身長を伸ばすことが出来る栄養がはいったサプリ(補助食品)を選びました。

 

 

『子供にサプリなんて、、、』と思われる方も多いかもしれませんが、日本製で子供の身長を伸ばすために作られた安全な栄養補助食品ですので心配ないです。

 

 

それは、並行輸入なんかでもそういった成分(背を伸ばすために必要な栄養が入っているもの)入りのサプリを購入することは出来ますが、コストは安くなりますが、安全性を考えた時にはお勧め出来ません。

 

 

『安全を金額で買う』という感じで、日本で作られた子供の身長を伸ばすための栄養が入っているものを選んでほしいです。と言っても、物凄く高いという事ではありませんので安心して下さい^^

 

 

大人と違って、成長をするためには口から吸収する食品以上の栄養が子供には必要です。

 

 

極端に言えば、タンパク質なども普段の食事ではかなり意識していなければ、必要な摂取量は摂れません。

 

 

真面目にクラブチームなどで野球やサッカーをしている子供は、タンパク質を摂取する為にプロテイン(子供用)を飲んだりしていますし、ヒマラヤなどの大手スポーツ店などにも『子供用プロテイン』があります。

 

 

そういった意味で、身長を伸ばすために必要な栄養は、ぜひ安全な栄養補助食品やサプリを飲ませて補充する事をお勧めします。

 

自分の子供に飲ませたい身長を伸ばすためのサプリメント

 

現在、国内で販売されている子供の身長を伸ばすのに効果があるサプリメントを

 

  • 子供に飲ませるために『安全第一』
  • もちろん『身長を伸ばすのに効果がある栄養が入っている』事前提
  • コスパの考えてお得なもの
  • 子供が飲みやすい味であること
  • 小さい子供〜思春期までカバー出来るもの

 

などを考慮してランキングで紹介します。

 

 

何と言っても、『ある程度強制で飲ませる為飲みやすいもの、そして安全性があるもの』という部分が大事だと思います。

 

 

身長が伸びるための栄養素が入っている、効果があるのは当然です(笑)

 

 

しかし、どこの国で作られているのが分からないとか、良薬口に苦し的にマズくて毎日苦痛とかのサプリではダメです。

 

 

身長の事を心配しているのは親だけという可能性が高い(うちはそうでした^^;)ので、ある程度強制的に飲ませる訳ですので、マズいものは子供は避けます。できればミロみたいに美味しい感じで(笑)

 

 

ですので、そういった部分もしっかりと考えて選んでいます。

 

Dr.Senobiru(ドクターセノビル)

 

 

1位ですが、Dr.Senobiru(ドクターセノビル)です。子供の成長、また、身長を伸ばすのに最も重要な栄養素は、牛乳や小魚に含まれるカルシウムではなく、『アルギニン(アミノ酸の一種)』です。

 

 

もちろん、カルシウムも必要ですが、アルギニンを意識して摂取して睡眠を取ることで、身長を伸ばしてくれます。

 

 

アルギニンですが、体内で合成出来るために、大人では『非必須アミノ酸』に分類されますが、成長に色々な成分を使う子供の時は体内で必要量が合成されませんので、思春期まであたりまでは『必須アミノ酸』に分類されています。

 

 

また、30代、40代を境に、ストレスなどでアルギニン生成が下がる為に、アルギニンは大人でもサプリメントで補助するというのは、ある程度健康志向が強い方では常識となっています。

 

 

大人でも飲めるDr.Senobiru(ドクターセノビル)ですが、アルギニンを摂取することで

 

  • 美肌効果や若返り効果
  • 老化現象の減少
  • アンチエイジング効果
  • トレーニング後の疲労回復を高める
  • 睡眠が深くなる
  • 勃起不全、勃起が悪い事の改善
  • 精力向上

 

などの効果も期待できるサプリメントです。

 

 

この様にアルギニンは、身長を伸ばしたい子供はもちろん、大人でも重要であり摂取すると効果が期待できます。

 

 

アルギニンについて詳しく知りたい方は、商品リンク先を読まれて下さい。背を伸ばす栄養がカルシウムだけでは足りない理由もしっかりと書いています。

 

 

愛飲者90%以上のリピート率は、効果と安全性の現れです。賦形剤・保存料も一切使用しておりませんので安心です。

 

通常購入で購入すると19,600円(650円/1日)に対し、毎月100名様限定で「ず〜っとお得な定期コース」(最低2ヶ月間継続縛り)でお申し込み頂くことで初回もその後の定期価格もずっと9,800円(320円/1日)です。

 

 

2回目受取後はいつでも解約できます。
【※定期コースの解約については 毎月お届け日の10日前までに電話にて連絡をしてください。】

 

また、60日間の安心返金保証がついているのもウレシイですよね^^

 

 

サプリメントなどを飲んだことがない方であれば敷居の高い金額かもしれませんが、1日に換算して計算する、そして人間の細胞のターンオーバーの事を考えて継続することが前提で考慮すると、サプリでしか摂れない栄養なので仕方がないし、ある程度のお金は仕方がないと思うかもしれません^^;

 

定期コースを勧める理由

 

 

人間の細胞は、毎日古い細胞から新しい細胞へと生まれ変わっており、とくに子供の場合、活発に行われています。

 

 

これをターンオーバーと言い細胞が新しく変わる為には、3〜4ヶ月が必要と言われています。そのため、最低3ヶ月は継続して飲用する事で、更に効果が期待できるし体感出来る様になります。

 

 

逆に1ヶ月などの単月での使用であれば、思ったほどの効果が望めないという事です。

 

 

 

『せのびと〜る』

 

 

ワタシ的には1位のDr.Senobiru(ドクターセノビル)一択なのですが、どうしても最初はコスパが気になる、、、という親御さんがいるだろうというもの分かります。

 

 

そこで、お勧めするのが『せのびと〜る』 です。

 

 

タブレット式ですが、

 

  • お菓子の様にボリボリ食べることが出来る
  • アルギニンはもちろんBACCを含んでいる
  • ヨーグルトを筆頭に、イチゴ、ピーチ、グレープ、チョコレート、オレンジ味がある
  • 初回980円、その後の定期価格もず〜っと5,670円

 

こういった特徴があります。

 

 

Dr.Senobiru(ドクターセノビル)が最もアルギニン含有量が高くお勧めですが、サプリメント初心者の場合であれば、この『せのびと〜る』 もしっかりと栄養が入っているためにお勧めします。

 

 

小さい子供さんの場合、とくにお菓子感覚というのがいいかなと思います。ワタシの場合小学生の中学年の時からだったのでDr.Senobiru(ドクターセノビル)を飲ませていました。

 

 

でも、小学生の小さい時などはこういったサプリでもいいと思います。

 

 

また、コスパ的にもこちらのほうが安いですので、お試しという感じで購入されるといいかもしれません。

 

 

サプリメントについての考え方、摂取方法など

 

ワタシはDr.Senobiru(ドクターセノビル)をずっと子供に飲ませていますが、子供に不憫な思いをしてほしくないという親心からでした^^;

 

 

ワタシ自身も中学生の時身長が低かったので、かなりコンプレックスでしたので、自分の子供にはこういった心配をさせたくないという気持ちですね、、

 

 

子供の身長を伸ばす為に必要な事は『栄養』という事を知り、そしてそれを普段の食事で摂るのは不可能ですし、アルギニン自体は普通の食事からでは摂りにくいです。

 

 

更に、タンパク質、カルシウムなどを考慮した場合、食品のみで『身長を伸ばす』という事自体がコスパがかかる事だと気付きました。

 

 

定期価格もずっと9,800円(320円/1日)であれば、300円位であればリアルな数字ですし、何よりも『子供が身長を伸びるために親が出来る事』をしてあげるという気持ちで取り組みました。

 

 

サプリというと、馴染みがない方が多いと思います。ワタシもそうでした。でも、食品だけで人間に必要な栄養を摂ることは不可能です。

 

 

更に大人の場合、肥満の原因にもなります。そして、子供の食生活においても、大食クセを付けるのはよくないと思ったのです。

 

 

もちろん、部活もして育ち盛りですのでゴハンはもりもり食べさせています。それは、食事1日三食の欲求だからです。

 

 

でも、親が勝手に思った『背を高くしてあげたいから栄養をつけないとだから、ガンガン食べろ!』というのは押し付けだと思うのです。

 

 

 

そういった意味で、サプリメントは必要だと思いますし、栄養補助という部分においては最適だと思います。

 

まとめなど

 

身長を高くするのに一番大事なこと、、、それは『栄養』だということですね^^。

 

 

アルギニンを摂取する事を意識することで、数年先の違った結果が出ると思います。

 

 

睡眠も大事ですし、運動も大事ですが、睡眠や運動は一般的な基準は分かると思いますので、そこの部分を意識すれば改善できるはずです。

 

 

成長ホルモンは就寝時、1時間半〜3時間の間に分泌されるといわれていますので、意識して睡眠を摂るようにさせるといいと思います。

 

 

効率よく身長にアプローチできる効果的な栄養を与えてあげること。これが一番子供の身長を伸ばすために必要な事ではないでしょうか。

 

 

金額的に言えば敷居が高いと思う親御さんもいらしゃるかもしれませんが、毎日の生活での手間などを考えた場合、サプリを使ったことで得られる時間的な余裕で言えばかなりの『効率化』が出来ると思いますよ^^。

 

 

いきなり効果が出るという事はありませんが、将来に向けて出来る限り親として出来ることをしたいですよね^^。